相談員FPブログ

終活

老後に2000万円必要?③

「老後に2000万円必要?」シリーズの最終回です。

今話題の金融庁の報告書には
ライフステージ別に「資産の形成・管理での心構え 」
が紹介されています。

今回は、生活の窓口へのご相談が多い
リタイア期前後、高齢期についてです。


◆ リタイヤ期前後
 金融資産の目減りの抑制や
 計画的な資産の取崩しに向けて行動する時期。
 退職金や、働き方の変化を受けた対応が必要。

・ 退職金がある場合、早期の情報収集と使途の検討
 及び退職金を踏まえたライフプラン・マネープランを再検討する。
・必要に応じ、収支の改善策を実行する。
・長い人生を見据えた、中長期的な資産運用の継続
 (長期・積立・分散投資等)と
 その後の計画的な取崩しを実行する。

◆高齢期
資産の計画的な取崩しを実行するとともに、
認知・判断能力の低下や喪失に備えて行動する時期であり、
心身の衰えに関わらず金融サービスを引き続き享受するために、
事前の準備や対応が必要。

・ 心身の衰えを見据えてマネープランを見直す(医療費、老人ホーム入居費等)。
・ 認知・判断能力の低下や喪失に備え、
 取引関係の簡素化など心身の衰えに応じた対応をしやすくする。
・金融面の本人意思を明確にしておき、
 自ら行動できなくなったとしても、
 他者のサポートにより、
 これまでと同様の金融サービスを利用しやすくしておく。

とあります。成年後見制度にも触れています。

まさに生活の窓口でのご相談が多い内容です。
「私も備えておきたい」という皆様からのご相談を
お待ちしております。

・天神店(平日10時~17時)

福岡市中央区天神1-4-2 エルガーラホール1F

・博多マルイ店(4/3から6/27までの、火・水・木)
福岡市博多区博多駅中央街9-1 博多マルイ3F

TEL092-752-8150  (月~金 10時~17時)

https://seikatsunomado.com/contact/

この記事についてのご質問やご意見等、お気軽にお問い合わせください。無料相談のご予約も随時受付中です。

知っていて損はない実例集が毎週届きます!