相談員FPブログ

終活

老後資金はいくら必要か

「老後資金はいくらあれば充分なのですか」

「どれくらい貯金が必要なのでしょうか」

「このまま長生きすると貯蓄が底をつきそうです」

など、様々な相談が、私たちせの相談所に寄せられます。

これで大丈夫、こうすれば安心です、

このような模範解答があればよいのですが、そうではありません。

ライフスタイルと意識がみなさん異なりますので、

答え、アドバイスも異なります

50代前半の方が、年金定期便で確認できる受給年金額は、

収入が変わらないことが前提です。

もし、役職定年や早期退職で収入が大幅に減少すると、

受給年金額は減少します。

また、在職中の家計に占める、食費やレジャー費が大きいと、

退職後もその傾向は変わらず、家計を圧迫します。

加えて、年齢と共に、病気や介護、リフォームなどの

突発的な支出も避けられません。

在職中の家計が黒字でも、退職後に赤字に陥る可能性は、

誰にでもあります。

従って、日頃からの節約意識と、老後生活資金の甘い見通し

見直す必要があるのではないでしょうか。

「生活の窓口」(福岡市中央区天神)では

常設の相談窓口を運営しています。

お気軽にお越しください。

この記事についてのご質問やご意見等、お気軽にお問い合わせください。無料相談のご予約も随時受付中です。

知っていて損はない実例集が毎週届きます!