相談員FPブログ

終活

【相談事例】お子さんがいない場合の相続

お子さんがいない高齢の相談者が来られました。

両親も祖父母もいないため、
相続時は、配偶者と兄弟が相続人となります。

兄弟とは、疎遠になっており、
連絡することも少なくなったそうです。

もしもの場合、

夫が亡くなった時の相続人は、
妻と夫の兄弟。

妻が亡くなった時は、
夫と妻の兄弟。


相続人との手続きの煩わしさもあり、
相談にこられましたが、
これまで真剣に考えていなかったのですが、
今回の相談を機に、しっかりと相続のことも
話し合うそうです。


何も準備をしないと、残されたほうが大変なので
今後は、2人とも遺言を準備しようと考えています。

この記事についてのご質問やご意見等、お気軽にお問い合わせください。無料相談のご予約も随時受付中です。

知っていて損はない実例集が毎週届きます!