相談員FPブログ

終活

別居の子の扶養に入るためには

「子どもの扶養に入りたい」
「親を扶養に入れたい」
というご相談は、
生活の窓口でもお受けしています。

それぞれにとって、
支出減に繋がりますので
メリットがあります。

ただ、扶養に入るための条件は厳しく
別居の場合は
親御様の年金よりも、仕送りが多くなければなりません。

節税効果よりも、仕送りによる支出増になってしまう
可能性が高くなります。

扶養に関しては
制度も毎年のように変更があります。
制度改正もチェックしておきましょう。

この記事についてのご質問やご意見等、お気軽にお問い合わせください。無料相談のご予約も随時受付中です。

知っていて損はない実例集が毎週届きます!