相談員FPブログ

終活

在職老齢年金の改正

先日、政府が検討している厚生年金の
制度改正案の概要が分かりました。

働く高齢者の厚生年金を減額する基準を
「月収51万円超」に引き上げ、
パート等の非正規で働く人の加入を促すために
現在の「従業員501人以上」との企業要件を
「51人以上」に引き下げる方向で
調整しているようです。

今回の改正で焦点になっているのが
「在職老齢年金制度」です。
働いて一定以上の収入がある
高齢者の年金を減らす制度で、
現在、65歳以上の場合は
毎月の賃金と厚生年金の合計が
「47万円超」の人が対象です。

当初、厚生労働省は
廃止を含めた見直しを検討していました。
ただ、廃止は難しく
上限を62万円超にする案が出たようですが、
51万円超に引き下げられたようです。

この改正は、高齢者の働き手を増やす狙いがあります。

60歳以降の働き方の見直しについての相談も
生活の窓口でお待ちしております。

この記事についてのご質問やご意見等、お気軽にお問い合わせください。無料相談のご予約も随時受付中です。

知っていて損はない実例集が毎週届きます!