相談員FPブログ

終活

【相談事例】遺産の寄附(遺贈)

死後事務と身元保証の相談の中で、

遺贈についてお尋ねがありました。

相続人がいないため、

施設入居後または亡くなった後は

自宅マンションを自治体へ寄付したい

とのことでした。

原則、自治体は物件の遺贈(物納)は

受け付けていません。

この場合は売却して金銭に換えてから、

自治体へ寄付することになります。

更に、このような気持ちがある場合は、

その旨を遺言書に記載しておくことが

必要です。

(遺言執行者の指名も可能です)

自分の想いを実行するためには、

幾つかの準備が必要なことがあります。

想いを遺しておきたい方は、

一度窓口へ相談に来てみませんか?

生活の窓口では、

施設入居時などに必要な身元保証や

死後手続きなどを代行するサービスの

ご相談も受け付けております。

お気軽にお問い合わせください。

・天神店    (平日10時~17時)
 福岡市中央区天神1-4-2 エルガーラホール1F

・博多マルイ店 (10/31までの火~木 10~17時)
 福岡市博多区博多駅中央街9-1 博多マルイ5F

  9/3からは5Fへ移転しました。
 TEL092-752-8150  (月~金 10時~17時)
https://seikatsunomado.com/contact/

この記事についてのご質問やご意見等、お気軽にお問い合わせください。無料相談のご予約も随時受付中です。

知っていて損はない実例集が毎週届きます!