相談員FPブログ

終活

【相談事例】老後の年金が少ない

既に老後の年金を受け取っている方からの

相談でした。

相談者様は、過去、厚生年金に5年加入。
国民年金にも20年加入していました。

相談日には、
資料を持ってこられていませんでしたが、
相談者様の年金額を聞くと
金額が大きく違っていました。


相談者様の記憶違いであれば
問題ないのですが、
年金記録が間違っていたとすると
今後の年金額も増える可能性があります。


すでに年金をもらっている方でも
今から調査することも出来ます。
その上で、年金が増えるのであれば
受給当時から上乗せの年金が
遡ってもらえます。

まずは、「ねんきん定期便」や
年金事務所の「年金記録確認票」などで
年金記録がしっかりと
記載されているかを確認します。

その上で、記録の漏れや記録内容に誤りが
あれば受給申請します。

分かりにくい内容ですが、
ご自身の記録は、ご自身にしかわかりません。
できるときに早めに確認しましょう。

この記事についてのご質問やご意見等、お気軽にお問い合わせください。無料相談のご予約も随時受付中です。

知っていて損はない実例集が毎週届きます!