相談員FPブログ

終活

名義預金に注意しましょう

名義預金とは、
相続人が口座名義人であっても
実質的には、管理や運用を被相続人が行っている金融資産です。


毎年、暦年贈与で被相続人から相続人へ贈与していたにもかかわらず、
税務署から「名義預金」とみなされて
被相続人の財産として
相続財産に加えられるケースがあります。

その場合、
延滞税や加算税がかかることもあります。

重要なポイントは、口座の管理運用者が誰かです。

親子、夫婦間で
きちんと共通認識を持っておきましょう。

この記事についてのご質問やご意見等、お気軽にお問い合わせください。無料相談のご予約も随時受付中です。

知っていて損はない実例集が毎週届きます!