相談員FPブログ

終活

高齢者の防災

9月に入り、台風、地震と大規模な災害が続いています。
今こそ防災意識を高めて、
備えておきたいところです。

奇しくも、
9月1日~7日は
福岡市では「備蓄促進ウィーク」でした。

http://www.city.fukuoka.lg.jp/bousai/bichikusokushinweek.html

ただ、「備蓄」と構えてしまうと
ハードルが上がってしまい
なかなか行動にうつせないかもしれません。

そこで、最近では
「日常、使っているものを
 少し多めにストックしておく」ことも、
継続して備蓄ができるコツと言われています。

高齢者がいるご家庭では、
オムツや常備薬なども、
日頃から多めに蓄えておきましょう。

お気に入りの高齢者食品も保存しておくと
安心ですね。

また、高齢者にとっては口腔ケアも大切です。

断水しているときは、お茶でくちゅくちゅうがいを、
避難生活で歯ブラシがない場合は
ハンカチ等を指に巻きつけ
歯ブラシ代わりにすると良いそうですよ。

地震の場合、
倒れた家具を起こすのが大変です。
家具が倒れないような対策、
また、物が多い方は少しずつ減らしておくことも
自分の身を守るために大切なことです。

自宅整理や、そのための家事代行についても
生活の窓口で、ご相談をお受けしています。

福岡市中央区天神1-4-2 エルガーラホール1F
092-752-8150  (月~金 10時~17時)
https://seikatsunomado.com/contact/

この記事についてのご質問やご意見等、お気軽にお問い合わせください。無料相談のご予約も随時受付中です。

知っていて損はない実例集が毎週届きます!