相談員FPブログ

終活

【相談事例】もしもの時に、実家をどうするか。

実家についての、相談がありました。

遠方に住んでいる
独り暮らしのお母さまがいます。

すぐにどうするという事はないそうですが、
母にもしもの時があった時のことも
考えておきたいそうです。


ご実家は、建ててもうすぐ50年。
お父さまが亡くなり、
お母さまもいろいろな思い入れがあります。


しかし、娘さんたちは嫁いで
今後、実家に戻ることはありません。


お金が目的ということでもありませんが、
お母さまに何かあった時(万一や介護)、
売却や処分、手続きが大変になるかもしれません。


お母さまにとっては、大事な住まい。
今後、住み続けるのか、持っておくのか、
また、名義がお母さまであれば良いのですが、
お父さまや祖父母になっていることもあります。
名義について、確認することもお知らせしました。


他にも、判断能力が欠けてしまった場合は、
不動産の売却ができないこともあります。

「生活の窓口」では、
名義変更、売却、民事信託や成年後見など
お手伝いすることもできますので、
今のうちにお母さまや姉妹で
話し合いをするよう案内しました。

この記事についてのご質問やご意見等、お気軽にお問い合わせください。無料相談のご予約も随時受付中です。

知っていて損はない実例集が毎週届きます!