相談員FPブログ

終活

もしもに備えた「民事信託」

相談者の方から、
親が認知症になってしまい
自宅を売却できないか、という
相談を受けることがあります。


判断能力が欠けてしまった場合にも
困ってしまうこともあります。


事前に、ご家族とも話し合い
「民事信託」を利用することで、
認知症になった時に
名義人の自宅や土地を売ることができない、
といった時に対処することも
できるようになります。


認知症になってからでは、
「民事信託」を始めることができないため、
早めに話し合うことが大切です。


「民事信託」、まだまだ聞き慣れない言葉
だと思いますが、まずは知ること、
利用することで、もしものために
備えることもできます。

この記事についてのご質問やご意見等、お気軽にお問い合わせください。無料相談のご予約も随時受付中です。

知っていて損はない実例集が毎週届きます!