相談員FPブログ

終活

夏休みに考える「共働き」の壁

子どものいる世帯の共働きについては

働き方改革も含めて、話題になることが少なくありません。

統計値では、どのようになっているのでしょうか。

平成22年の国勢調査によると、共働きの割合は、

福岡市:45.5%

北九州市:46.0% 

となっています。

共働きには、いくつかの「壁」があると言われています。

①保育園の壁

待機児童問題、そして入園しても園からの呼び出し・・・

②小学校の壁

習い事、受験、そしてPTA活動・・・

③小4の壁

受験のため学費が家計を圧迫し始める場合も・・・

④中3の壁

友だちみんなが入っている塾に通わせることも・・・

⑤介護の壁

父母の介護状況により離職を考えることも・・・

このように、段階的に「壁」は現れると同時に、

家計負担を大きくする要因にもなります。

「壁」を安心して越えられるよう、早めの準備をお勧めします。

生活の窓口(福岡市中央区天神)では、家計の見直しから

介護まで幅広くご相談いただけます。

夏休みに「壁」をどのように超えるか、一緒に考えてみませんか。

お気軽にご利用ください。

電話:092-752-8150(平日10時~17時)

この記事についてのご質問やご意見等、お気軽にお問い合わせください。無料相談のご予約も随時受付中です。

知っていて損はない実例集が毎週届きます!