今日の窓口

終活

平成30年4月から国民健康保険制度が変わりました

県と市町村は、市町村国保の安定的な財政運営を図り、

市町村事務の効率化・標準化を推進するため、

制度の改正をおこないました。

◆市町村国保とは

勤務先の健康保険など他の医療保険に

加入していない方々が加入する医療保険です。

勤務先の医療保険などと比べると、高齢者の割合が高く、

加入者の所得水準が低い構造となっていました。

◆運営について

県の主な役割:国保運営の中心的な役割

市町村の主な役割:加入者に身近なきめ細かい事業を実施

◆4月から変わったこと

被保険者証等の様式が変わりました

資格の取得・喪失は都道府県単位になりました

高額療養費の多数回該当の算定回数が、

 県単位で通算され、加入者の負担が軽減されます

※医療機関の受診や保険料の納付は、変更ありません。

詳細は福岡県のホームページをご覧ください

http://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/kokuho-kaikaku-osirase.html