相談員FPブログ

終活

【相談事例】実家の名義変更は、いつ?

 相談者様のお母さまの相続後の相談です。
高齢のお母さまが亡くなった際に、ご自宅の売却を
考えています。

ある程度、ご兄弟ともお話が出来ているようでスム
ーズに売却できそうです。

生前中に名義を変更するか、お母さまが亡くなって
から名義を変更するか迷っていました。


生前中に名義を変更した場合は、贈与になります。
贈与をする場合は、通常、年間110万円を超える
場合は、贈与税がかかります。自宅の土地建物は、
110万円を超えるので、贈与税がかかりそうです。

今回は、年間110万円の贈与(暦年課税という)は、
使わずに相続時精算課税を提案しました。

相続時精算課税を使うことで、2,500万円までの
贈与については、贈与税はかかりません。
また、今回の相談者の場合は、相続税もかからない
ようです(基礎控除額以内)。

この記事についてのご質問やご意見等、お気軽にお問い合わせください。無料相談のご予約も随時受付中です。

知っていて損はない実例集が毎週届きます!