今日の窓口

終活

医療費控除の添付書類が変わりました

この時期に多い、確定申告の相談のうち
「医療費控除」の添付書類についてご案内します。

実は、平成29年分(申告期間:平成30年2月16日~3月15日)の申告から
添付書類が下記の通り、変更になりました。

①領収書の添付、提示が必要なくなりました。
 昨年まで「医療費の明細書」に加え、「領収書の提示、添付」が必要でしたが
 医療費の明細書の提出のみで申告が可能になりました。

 ただし、
 *「おむつ使用証明書」「ストマ用装具使用証明書」等
  今まで領収書に加えて、添付・提示していた書類については、
  今後も提示もしくは添付が必要です。
 *医療費の領収書は「自宅で5年間保存する」必要があります。
  税務署から求められたときは、提示又は提出しなければなりません。

②医療費通知の添付により、
 明細書の記入を一部省略できます。
 
 医療費通知とは、医療保険者が発行する
 医療費の額等を通知する書類で
 (健康保険組合等が発行する「医療費のお知らせ」等)です。

 ・被保険者の氏名
 ・療養を受けた年月
 ・療養を受けた者
 ・療養を受けた病院・診療所・薬局等の名称(○○病院、○○薬局等)
 ・被保険者等が支払った医療費の額
 ・保険者等の名称(国民健康保険等)
 上記すべての記載があるものに限ります。

ただし、平成29年分から平成31年分までの確定申告については、
これまで通り医療費の領収書の添付又は提示によることもできます。