今日の窓口

終活

【トピックス】年金はいつからもらう?

相談室には、年金のご相談も多く寄せられます。

その中でも、

いつから受給すればこれからの生活設計が大きく変わらないか、

と、悩みの声を多く聞きます。

■国民年金(老齢基礎年金)とはそもそも

20歳から60歳までの40年間保険料を納付して、

65歳から死亡するまで、年金を受給できる制度です。

2017年8月からは、納付期間10年以上で受給できる

制度改正がありました。

■受け取り開始を変更できるのか

60歳からの繰り上げ受給(一定の割合で減額)、

70歳からの繰り下げ受給(一定の割合で増額)

を選択することもできます。

減額の場合、「0.5%×繰り上げた月数」

増額の場合は、「0.7%×繰り下げた月数」

で算出、受給できます。

実は、60歳で支給開始と、70歳で支給開始では

年金額がおおよそ2倍も違います。

これだけ違うと、生活設計も大きく変わってくると思います。

年金受給前に、年金額の確認と、支給開始時期を

生活設計に合わせて、考える機会を作ってはいかがでしょうか。

「生活の窓口」では、ライフシュミレーションを使い、

これからの不安を解消するお手伝いをしています。

早ければ早いほど、対策とその手段に選択肢があります。

ぜひ一度、ご相談ください。