今日の窓口

終活

【トピックス】年金支給漏れ10万人はなぜ

9月13日に厚生労働省から、システムの不備や事務処理ミスにより

10万6千人に対して約598億円の公的年金の支払いもれがあったと

発表されていました。

「振替加算」という、上乗せ年金部分が未払いになっていたそうです。

未払い部分については、日本年金機構を通して

11月中に全額が支給されることも発表されています。

みなさまのお手元に届く、

「年金額改定通知書・年金振込通知書」の内容を

機会があれば、ご覧ください。

今回のケースで

「加給年金」:配偶者である妻が年金支給開始年齢である

満65歳になるまでは、配偶者加給年金が年金に上乗せされる。

「振替年金」:配偶者が65歳になると配偶者本人の基礎年金額に

上乗せされるようになる。

この2つの仕組みが注目されています。