今日の窓口

終活

【トピックス】「高額療養費制度」平成29年8月から70歳以上の方の上限額変更

高額療養費制度は、家計に対する医療費の自己負担が過重とならないよう医療費の自己負担に一定の歯止めを設ける仕組みです。

70歳未満と70歳以上で負担上限額の算定方法が異なりますが、平成29年8月から、70歳以上の人の負担上限額が改定されます。
改定は平成29年、平成30年と2回に分けて実施されますが今回は平成29年8月からの変更についてご説明いたします。

◆現役並みの収入のある方(年収約370万円~)

 外来(個人ごと)の場合
 44,400円(平成29年7月診察分まで)
 →57,600円(平成29年8月診察分から)

 ひと月の上限額(世帯ごと)は変更なし。

◆一般(年収約156万~約370万円)
 外来(個人ごと)
 12,400円(平成29年7月診察分まで) 
 →14,000円で年間上限14万4千円(平成29年8月診察分から)

 ひと月の上限額(世帯ごと)は変更なし。
 44,400円(平成29年7月診察分まで)
 →57,600円(ただし、過去12ヶ月以内に3回以上上限に達した場合は、
  4回目以降は44,400円)(平成29年8月診察分から)

◆低所得者(住民税非課税世帯、年金収入80万円以下など)
 変更ありません。

高額療養費制度を利用する際には注意しておきましょう。