今日の窓口

終活

【相談事例】定年後の再雇用制度と年金

みなさんは、いわゆる「年金の空白期間」を

ご存知でしょうか。

いま、年金の受給開始年齢が段階的に

引き上げられています。

そこで、定年退職と年金受給開始年齢に

時間差ができて、空白期間ができることになるのです。

では、どのようにすれば空白期間を作らず、

安心して退職後の生活を過ごすことができるのでしょうか、

そんな相談がありました。

仮に、60歳で定年退職を迎えた人の事例です。

3つのパターンを考えてみます。

①再雇用で働く

⇒賃金が退職前の75%未満であれば

「高年齢雇用継続基本給付金」が65歳までもらえます。

②一定期間を休んで再就職(失業手当をもらう場合)

⇒失業手当受給期間(最高150日)に再就職

賃金が退職前の75%未満、

失業手当の残日数100日以上の場合

「高年齢雇用継続基本給付金」が1年間もらえます。

③一定期間を休んで再就職(失業手当をもらわない場合)

⇒1年以内に再就職

賃金が退職前の75%未満であれば

「高年齢雇用継続基本給付金」が65歳までもらえます。

このように、退職後の収入の変化を事前に把握して

在職中から、保険の見直しなどを始めることをお伝えしました。