相談員FPブログ

終活

【相談事例】在職老齢年金について


 在職老齢年金について、相談がありました。

相談者様は厚生年金に加入し、今後も働く予定です。
 63歳から厚生年金を受給する予定ですが、給与と年金
の受け取りのバランスについて心配です。

 

 厚生年金に加入する場合、給料と年金の合計額が
月28万円を超えれば、年金のカットが始まります。

 例)給与 25万円、年金月額 10万円の場合
   ボーナスがない場合

 給与25万円 + 年金月額10万円

                  = 合計35万円

 28万円を超えた金額に対して、
        半分の年金が受給停止となります。

 35万円 - 28万円 =  7万円
  7万円 ÷  2   = 35,000円

 35,000円が年金額から差し引かれます。

 年金月額10万円-35,000円=65,000円

 よって、
 給与25万円と年金を65,000円が受け取れます。

 みなさんも、試算されてみてはいかがでしょうか。

この記事についてのご質問やご意見等、お気軽にお問い合わせください。無料相談のご予約も随時受付中です。

知っていて損はない実例集が毎週届きます!