今日の窓口

終活

【トピックス】いまどきの財産管理!?

「生活の窓口」には、相続に関しても多くの

ご相談が寄せられています。

今回は、相談時にもよく出てきている

民事信託についてご紹介します。

これまでは

【成年後見人】

が主流を占めていた、相続における財産管理に

変化が出始めています。

【民事信託】

をご存知でしょうか。

     

2つの違いを簡単に比較すると

成年後見人:判断能力がなくなった場合

民事信託:判断能力がある場合

になります。

     

民事信託は、

財産を所有する人(委託者)が

信頼できる誰か(受託者)に

財産の名義を移して管理してもらう制度です。

最近は、専門家にアドバイスを受けながら

親が子どもや親族との間で信託契約を結ぶ例も

増えてきています。

元気なうちに、安心して相続を考えるには

よい手段の一つと考えられます。

相談事例も交えて、ご案内できますので

ぜひ、「生活の窓口」で、ご相談ください。