相談員FPブログ

介護

2つの物忘れ

年度替りの慌しいこの時期、
「最近物忘れが多くなったな」と
思われる方は
年齢関係なく多いようです。

一言で「物忘れ」と言っても、
その理由により2つに分かれます。

1つめは「普通の物忘れ」です。

特徴は、
自覚がある、日常生活への支障はない、
思い出せないことを
悔しく思う等です。

2つめは「病的な物忘れ(記憶障害)」、
いわゆる認知症の最も基本的な症状です。
特徴は、
自覚がない、時間や場所の感覚がずれて
日常生活に支障をきたす、
思い出せなくても心配しない等です。

今後はGWの帰省で
高齢のご家族と再会される方も
いらっしゃると思います。

ゆっくりお話しをしたり
日常的な言動を見守ってみるなど、
この機会にご家族の変化に気づくことで
適切なケアができるかもしれません。

生活の窓口では、
高齢者施設探しの専門家とともに
高齢者施設のご相談も承っています。

気になる方は、ご連絡をお待ちしております。

福岡市中央区天神1-4-2 エルガーラホール1F

092-752-8150  (月~金 10時~17時)
https://seikatsunomado.com/contact/

この記事についてのご質問やご意見等、お気軽にお問い合わせください。無料相談のご予約も随時受付中です。

知っていて損はない実例集が毎週届きます!