相談員FPブログ

終活全般 東京・竹橋

自筆証書遺言の保管制度

自筆証書遺言書を法務局で保管する制度が

2020年7月10日から開始します。

自筆証書遺言は
遺言者本人ひとりで作成することができ、
費用がかからない手軽さがある反面、
紛失や改ざん等のリスクに不安を感じることもあって
実際に作成する方はこれまで少なかったでしょう。

自筆証書遺言を法務局で保管できるようになれば、
紛失や改ざんのリスクがなくなりますから
画期的な制度として利用は広がるでしょう。

ただし、遺言の効力などに関わる内容について
法務局でアドバイスをもらえるわけではありません。
せっかく保管していた遺言が無効になることも、
相続人間の争いの種になることも
あり得るのです。

複雑な事情がある方は特に
遺された家族が揉めることがないように
公正証書遺言の活用も含めて
遺言作成を検討なさると良いですね。

現在は、
電話やメールでのお問合せやご相談を
随時承っています。

東京都千代田区一ツ橋1-1-1 毎日新聞社東京本社1階
03-3212-0861  (月~金 10時~17時)

https://seikatsunomado.com/tokyo01/pages/contact_mainichi

まずはお気軽に無料相談予約!
あなたのお近くの店舗をお選びください。
お近くに窓口のない方、オンラインやお電話でご相談されたい方はこちら