相談員FPブログ

終活全般 東京・竹橋

シニアの家の片付け

『片付けが苦手』
『部屋をスッキリさせたい』
多くの方にとって、
片付けは永遠の課題のようです。

片付けにおいて、
若い世代と違い、シニア世代は
特に気を付けていただきたいことがあります。

それは、
家具や収納用品を新たに購入することです。

それらの家具はいずれ、
それほど遠くない将来、
処分しなくてはならない時期が来ます。
終活としての身辺整理や施設入居時です。

大きな家具や収納用品は、
買うとき以上に捨てる時が厄介です。
費用もかかります。

自治体の粗大ごみで出すことが
費用としては安く抑えられますが、
指定のゴミ置き場まで
それら大きな家具を運ぶ必要があります。
シニア世代には、
大きな家具をそこまで運ぶこと、
それが困難になるのです。

家まで取りに来てもらえ、
引き取ってもらうサービスは、
運搬費に加え、人件費がかかります。
数万円は覚悟しましょう。

家を片付けたい、
部屋に出しっぱなしになっているモノを整理したい、
そういう時は、
収納する『箱』についてあれこれ考えるより先に、
モノを減らすことを考え実行していただきたいです。

これは、シニア世代だけでなく、
若い世代にもお伝えしたいことでもあります。

片付け、不用品廃棄に関するご相談も
無料で承っています。

東京都千代田区一ツ橋1-1-1 毎日新聞社東京本社1階
03-3212-0861  (月~金 10時~17時)

https://seikatsunomado.com/tokyo01/pages/contact_mainichi
まずはお気軽に無料相談予約!
あなたのお近くの店舗をお選びください。
お近くに窓口のない方、オンラインやお電話でご相談されたい方はこちら