相談員FPブログ

不動産・住まい・リフォーム 東京・竹橋

不動産コンサルティング

父所有の土地を相続登記しないまま
30年ほど経過しました。
どうしたら良いかと相談に来られました。

固定資産税は支払い続けていますが、
現地には30年以上も足を運んでいないため
現況を把握していないとのこと。

Googleの航空写真からは、
隣地建物の所有者が
庭として使用しているように見て取れるため
先ずは登記事項証明書の取り寄せと
現況確認が必要だと思われます。
ただ、遠方でご自身では動けないと
お困りのご様子。

不動産コンサルティングに依頼して
現地で土地の使用者を特定し、
権利関係を明白にしてもらうことになりそうです。

土地売却を希望なさっていましたから、
土地使用者に購入の意思があるかどうかの
聞き込みもお願いすることになるでしょう。

土地使用者に購入の意思がなければ
更地にして土地売却の段取りを整えることになります。

相続登記も早めに取り掛かる必要があります。
年齢的にも早期解決を望まれる方は
専門家に上手く頼ると安心できますね。

土地の整理や活用についても
お気軽にご相談ください。


東京都千代田区一ツ橋1-1-1 毎日新聞社東京本社1階
03-3212-0861  (月~金 10時~17時)

https://seikatsunomado.com/tokyo01/pages/contact_mainichi
まずはお気軽に無料相談予約!
あなたのお近くの店舗をお選びください。
お近くに窓口のない方、オンラインやお電話でご相談されたい方はこちら