セミナー・イベント

【8/29(水)開催】相続対策は元気なときにしかできない現実

相続対策は、セミナーにたくさん出席して知識を

蓄えているから大丈夫です、と言われるかたがいます。

本当に充分な対策はできているのでしょうか。

例えば、認知症の症状が深刻になると

不動産の売買ができない場合もあります。

できなくなると、相続後にしか対処することができません。

共有名義の場合も同じ状況になります。

遺言書でできること、その他の方法でできること、

どれも、元気なうちにご自身で実行するほど

充実した対策となるようです。

「知識習熟」より「実行」を実現する人向けのセミナーです。

講師:香月和政

   (CFP、生活の窓口相談員)

開催日時:2018年8月29日(水)13時30分~14時30分

応募締切:2018年8月28日(火)

会場:西日本新聞会館10階(福岡市中央区天神1-4-1)

当日受付:13時20分

     西日本新聞会館ビル10階エレベーターホール

◆応募方法◆

①電話 092-752-8150 (平日のみ)
②FAX 092-752-8151
③メール mado@nishinippon-np.jp

必要事項:代表者のお名前、住所、電話番号、参加人数

相続で悩んでいることや

質問してみたいこともご記入ください。

 *寄せられた個人情報は、生活の窓口事業にのみ使用します。

ご相談・お問い合わせ
簡易版ライフプランシミュレーション
メールマガジン