セミナー・イベント情報

12月の月例セミナーの日程


12月の月例セミナーのご案内です。
(いずれもご参加無料)


▽「相続不動産 登記の義務化」
 日付 12月2日(金)
 時間 13:30~14:30
 場所 琉球新報社会議室(那覇市泉崎1-10-3)
 講師 辻脇稲子(琉球新報生活の窓口ファイナンシャルプランナー相談員)
 
 相続不動産の登記が2024年4月、義務化されます。
 不動産を相続したら相続登記をしなければなりません。現在の所有者が登記簿上でどうなっているのか、
 一定の期限までに確認する必要があります。違反すると過料を科されることもあります。対応はお早めに。
 セミナーでは不動産の名義変更についてお話します。

 応募締め切り 11月25日(金)必着


////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


▽「認知症に備える(家族信託、後見人)」
 日付 12月9日(金)
 時間 13:30~14:30
 場所 琉球新報社会議室(那覇市泉崎1-10-3) 
 講師 徳原みゆき(琉球新報生活の窓口ファイナンシャルプランナー相談員)

 認知症への備えとして、家族間で財産管理の信託契約を結ぶ家族信託(民事信託)という制度があります。
 同様に財産管理に関する仕組みに成年後見制度(法廷後見、任意後見)がありますが、制度の狙いは違います。
 家族信託を利用するには専門家の助言も必要になります。
 制度や具体策を紹介します。

 応募締め切り 12月2日(金)必着


////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


▽「お墓を考える(墓じまい、永代供養)」 
 日付 12月16日(金)
 時間 13:30~14:30
 場所 琉球新報社会議室(那覇市泉崎1-10-3) 
 講師 徳原みゆき(琉球新報生活の窓口ファイナンシャルプランナー相談員)

 沖縄の慣習・文化への考え方が多様化し、お墓への認識も変化しています。
 回答者の4割がお墓を継承するという調査結果がありますが、「生活の窓口」の相談では
    墓所が多くお参りできない、子どもは県外で継承が心配、両級化したお墓をどうすれば・・・との声も聞かれます。
 より良い対処法を考えましょう。
 
    応募締め切り 12月9日(金)必着


////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


▽「遺言書を作る」
 日付 12月21日(水)
 時間 13:30~14:30
 場所 琉球新報社会議室(那覇市泉崎1-10-3) 
 講師 辻脇稲子(琉球新報生活の窓口ファイナンシャルプランナー相談員)

 自分で書き記す「自筆証書遺言」と公証人役場で作成させる「交渉証書遺言」があります。
 自筆遺言は法務局での補完制度が始まり、より身近になりましたが、何をどう書いていいのか
    お困りの方も多いのでは。 書いてもかえってトラブルに発展しかねない事例もあります。
 遺言書作成の手順や要点を解説します。

    応募締め切り 12月14日(水)必着


////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


 定員はいずれも各14人
 ※応募者多数の場合は抽選となり当選者に参加証を送付します。
 ※応募はお1人さま1件に限ります。
 ※入館時は新型コロナウイルス感染防止のため、当日朝の検温と会場でのマスクの着用、
         手指消毒をお願いします。


▽申し込み
 お名前、ご住所、電話番号、相続、終活全般、住まいで不安に思うこと、質問したいことを明記の上、
    下記のいずれかの方法でお申し込みください。

 電話:098-943-3361(平日10~17時)
 ファクス:098-943-3368(24時間)
 メール:mado1114@ryukyushimpo.co.jp


 
ご相談・お問い合わせ
簡易版ライフプランシミュレーション
メールマガジン