ご相談メニュー

介護リフォーム

介護が必要になってもできるだけ長く在宅介護で過ごしたい場合、リフォームについて知っておくと、介護される側もする側も双方の負担が軽減できるかもしれません。

11017016350.jpg

在宅介護のために必要なリフォーム

在宅介護を目的としたリフォーム箇所で多い事例は、外出・入浴・排泄等の日常生活における行為をスムーズにできるように、「段差をなくす」「滑りにくい床にする」「使いやすいトイレにする」などです。

自力で出来ることを減らさないようにすることは、その人の健康をキープすることにもつながります。

条件を満たせば、介護保険制度の補助金や市区町村による助成金を受けることもできます。

介護リフォームのお勧め箇所

在宅介護をご希望の場合、早めにリフォームしておいた方が良いのは「お風呂」です。

具体的にはヒートショック対策、床の滑り止め、手すりの設置等が考えられます。段差をなくし、車イスで移動する場合や、介護する人もスムーズに動けるようにすると良いでしょう。

また、トイレは、手すりの設置や段差の解消、床の滑り止め以外に、扉を引き戸にしておくと開け閉めがスムーズになります。

玄関については、外出が億劫にならないような工夫が必要です。

段差の解消、手すりの設置、床の滑り止め等以外にも、靴の着脱がスムーズにできるような場所を確保しておきましょう。

この記事についてのご質問やご意見等、お気軽にお問い合わせください。無料相談のご予約も随時受付中です。

知っていて損はない実例集が毎週届きます!