ご相談メニュー

介護保険制度

介護が必要な高齢者を支える介護保険制度。

受けられるサービス等を事前に知っておくと、介護の選択肢が広がるかもしれません。

11002062062.jpg

サービスを受けられる被保険者

介護保険の加入者は第1号被保険者(65歳以上)と第2号被保険者(40歳から64歳まで)です。

どちらも保険料の支払い義務がありますが、サービスの対象者は原則として第1号被保険者です。

第2号被保険者は、末期ガンや関節リウマチ、初老期における認知症等、老化に起因する疾病(指定の16疾病)により介護認定を受けた場合に限り、サービスを受けることができます。

介護保険で受けられるサービス

介護保険で受けられるサービスは、支援サービス、居宅サービス、施設サービス、介護用具に関するサービス、介護リフォームです。

高齢者施設で自治体から「特定施設入居者生活介護」の指定を受けているところは、介護サービスに介護保険が適用されます。

要支援1か2の場合、身体機能の低下を予防し、要介護にならないための予防給付サービスが受けられます。

予防給付でも訪問介護や、デイサービス、介護用品のレンタルや介護リフォームを利用できます。

介護保険には、介護度に応じた支給限度額があり、その範囲内でケアマネジャーがケアプランを作成します。

介護度が重いほど、支給限度額が高くなります。

元気なうちに、相談できる介護の専門家と繋がっておくと良いでしょう。

この記事についてのご質問やご意見等、お気軽にお問い合わせください。無料相談のご予約も随時受付中です。

知っていて損はない実例集が毎週届きます!