ご相談メニュー

資産運用

「預貯金の金利では物足りない」「年金だけでは老後生活費が足りない」等の理由で資産運用を始める方がたくさんいらっしゃいます。生活の窓口でも多い相談です。

11004115416.jpg

資産運用の相談事例

生活の窓口によせられる資産運用の相談の多くは、「預貯金では全然殖えなくてもったいないから、お付き合いのある金融機関で資産運用を始めたんだけど、運用成績が良くなくて不満」という内容です。

相談者様の年齢、お仕事、資産、運用金額等は様々ですが、なぜか同じような金融商品を所有しています。

自分に合った商品ではなく、勧められるがまま購入したという方がほとんどのようです。

資産運用の不安を軽減するために

運用期間を相談者様に聞いてみると2,3年未満の方が少なくありません。

数ヶ月という方もいらっしゃいます。資産運用を始めるにあたり「○年後に○万円まで殖やす」や「年利○%」という目標、基準値はもちろん大切です。

しかし、忘れてはいけないのは「価格変動等のリスク許容度」なのです。

残念ながら、このことをお話しすると、ほとんどの方が「初めて知りました」とおっしゃいます。

どの程度の価格変動等ならば受け入れられるのかを金融商品の購入時に確認せず、勧められるがままに購入してしまうと、日々のニュースに連動した価格変動に右往左往してしまいがちです。

その結果、「私は資産運用に向いていない」と判断して、価格が下がったタイミングで売却してしまう方もいらっしゃいます。

自分に合った資産運用を一度知っておくと、上手に長く続けられるでしょう。

この記事についてのご質問やご意見等、お気軽にお問い合わせください。無料相談のご予約も随時受付中です。

知っていて損はない実例集が毎週届きます!