ご相談メニュー

住宅ローン

一生で一番高い買い物と言われる住宅。

その住宅購入時に、住宅そのものと同じくらい皆さんを悩ませるのが住宅ローンです。

住宅ローン減税や団体信用生命保険も理解しておきましょう。

10853003580.jpg

住宅ローンの常識が変化しています

「頭金は多めに入れて、貯蓄ができれば繰り上げ返済をどんどんする。

そして、退職金で一括返済」が住宅ローンの常識と言われていましたが、それが今は通用しなくなっています。

給料が順調に右肩上がりで増え、金利が高く、まとまった退職金を受け取ったらすぐに年金生活が始まる時代の常識なのです。

今は、給与は上がりづらく、低金利で退職金や年金制度も厳しい時代です。

頭金、繰り上げ返済、金利選択等も慎重に判断しましょう。

低金利時代の住宅ローン

住宅ローンの金利タイプには変動と固定があります。

どちらかに決められず、変動と固定の両方を利用する方もいらっしゃいます。

変動タイプを選んだ方は、将来の金利上昇リスクに備えて、低金利で返済額が少なくて済んでいるうちに貯蓄をしておき、金利が上がったら繰り上げ返済にまわせるようにしておくと安心です。

「借り入れがあると不安だ」と、貯蓄が少しでも貯まれば繰り上げ返済する方は少なくありません。

その場合、教育費や緊急予備資金などを確保した上で、繰り上げ返済するようにしましょう。

金利が高い場合、預貯金メリットは大きいですが、借入はできるだけ避けたいところです。

しかし、金利が低い場合、低金利が続く間に借入を継続しながら、将来の繰り上げ返済資金については少し金利の良い金融商品で資産運用をし、金利上昇局面に入ったら繰り上げ返済をするという選択肢もあります。

かといってむやみに資産運用をせず、自分に合った方法を専門家に相談して判断しましょう。

この記事についてのご質問やご意見等、お気軽にお問い合わせください。無料相談のご予約も随時受付中です。

知っていて損はない実例集が毎週届きます!