ご相談メニュー

不動産投資

不動産投資について、節税等のメリットが広く知られるようになってきましたが、安易に始めるのには注意が必要です。

小口化商品を上手に活用するのも良いでしょう。

11101000136.jpg

不動産投資に向いている人

賃料は、広さや立地、用途など、近隣相場に応じて上限額がおおよそ決まります。そのため、適切な投資額の見極めが大切です。

地価が上昇し続けている地域を除き、何も工夫せずに購入金額以上に高く売却するのは難しいのが現状です。

しかし、その不動産の価値を上げる工夫をして、投資した費用と売却時の収益との差額をいかに大きくできるかといった運用を楽しめる方は、不動産投資に向いているでしょう。

不動産投資を始めるにあたって

不動産投資は、株式等に比較すると収入の変動が少ない、ローンを組んで団体信用生命保険に加入する場合は保障になる、現金をそのまま相続する場合に比べて節税になるといったメリットがあります。

一方、株式等に比べて初期費用が高め、空室や賃料滞納等による収入減、災害や老朽化等による資産価値の低下、金利上昇による返済額の増加、修繕費や管理費、税金等のランニングコストの確保といった注意が必要な点もあります。

また、不動産投資を始める際に考えるべきことは多岐にわたります。

物件探し、リノベーション等、購入資金、登記関係、会計、購入後の管理等です。

不動産投資のメリットと注意点を十分に理解し、様々な観点からご自分に合ったアドバイスが得られる相談窓口を見つけることも大切です。

この記事についてのご質問やご意見等、お気軽にお問い合わせください。無料相談のご予約も随時受付中です。

知っていて損はない実例集が毎週届きます!