ご相談メニュー

ガン保険

2人に1人はガンになると言われていることもあり、「ガン保険」のニーズは年々高まっています。

10年以上前に加入したガン保険の見直し相談も多くよせられています。

ガン保険のタイプ

ガンの保障のみの「ガン保険」と、医療保険等に特約として付帯されている「ガン特約」があります。

また、ガンだけではなく急性心筋梗塞、脳卒中の保障もカバーする「三大疾病保険」「三大疾病特約」もあります。

ガンの保障は、抗ガン剤治療、放射線治療、ホルモン剤治療のように、治療別に給付額が決まっているタイプと、診断給付金がメインのタイプに分かれています。

11086015935.jpg

ガン保険の見直しポイント

ガンは加齢とともに罹患率が高まると言われていますので、保険期間は終身にしておいた方が安心でしょう。

一方、医療技術の進歩により、数年後にはガンの治療期間が短くなっているかもしれません。

その確率が高いと考えられる方は、現時点で保険料を抑えた定期型に加入し、更新の時期に新しいガン保険に加入するという選択肢もあります。

ただし、健康状態に注意が必要です。

ガン保険の見直しは、医療保険の保障と重複していないかチェックをしましょう。

入院、通院、手術、先進医療、女性疾病等です。

ガン保険も、医療保険と同じくその時代の医療に合った保障にすること、公的医療保険の改正に対応すること、治療費のうち貯蓄と保険の負担額を確認すること、一生支払える保険料か確認するとスムーズに決断できます。

自分自身と時代に合ったガン保険か、定期的に相談できる専門家と繋がっておくと心強いでしょう。

10725004362.jpg

この記事についてのご質問やご意見等、お気軽にお問い合わせください。無料相談のご予約も随時受付中です。

知っていて損はない実例集が毎週届きます!