ご相談メニュー

医療保険

一度加入しても、ライフステージの変化により「見直しをした方が良いのでは?」と不安になるのが「医療保険」です。

入院日数の短期化といった変化にも対応しましょう。

医療保険は不要?

日本の公的医療保険制度は充実しています。

そのため、「医療保険はいらないのでは」と相談に来られる方もいらっしゃいます。

この相談は自己負担の割合が下がり、金融資産に余裕のある高齢者から多く聞きます。

ただ、ご高齢になると入院日数が長くなったり、入院する可能性が高くなったりします。

手元の金融資産のうち、どの程度「治療費」が確保できているか確認のうえ、医療保険の見直しをしましょう。

11016039179.jpg

医療保険の見直しポイント

「加入している医療保険では、ある年齢から保障が減ってしまう。もしくは、保険料が上がってしまう。今の保険を解約して新しく加入した方が良いのではないか。」という相談があります。

既契約では、「短期入院の保障が不十分」「通院特約が付帯されていない」「ガン保障が不足している」のように相談者様によって不安は様々です。

既契約を解約して新規で加入することもできますが、既往症があったり、保険料が高額であったりするため、新規加入を見送る方も少なくありません。

その場合、既契約を活かし、不足する保障分だけ新契約でカバーする方法もあります。

医療保険の見直しは、その時代の医療に合った保障にすること、公的医療保険の改正に対応すること、治療費のうち貯蓄と保険の負担額を確認すること、一生支払える保険料か確認するとスムーズに決断できます。

10161012578.jpg

この記事についてのご質問やご意見等、お気軽にお問い合わせください。無料相談のご予約も随時受付中です。

知っていて損はない実例集が毎週届きます!