ご相談メニュー

自動車保険

一度加入すると、前年と同条件で加入し続けることが多い自動車保険。

しかし、近年、補償内容や保険料の見直しが続いています。

自動車保険の動向

保険料を抑えるために、インターネットや電話だけで加入できる通販型の契約が増えています。

また気になるのが、70代以上の自動車保険料が上がっている点です。

高齢者の事故が増えているためと言われていますが、そもそも運転者のうち高齢者が占める割合が増加しているのが現状です。

認知症による事故の補償を拡大した自動車保険も登場しています。

地震や津波といった自然災害への補償もチェックしておきましょう。

10161014274.jpg

自動車保険の見直しポイント

保険料を安く抑えるポイントは、年齢条件、車両保険、人身傷害と搭乗者傷害です。

年齢条件は、子どもを補償範囲に含めるかどうか、家族限定や本人、配偶者限定にするかどうかで保険料が変わってきます。

車両保険には「一般車両保険(フルカバータイプ)」と「車対車+限定A(エコノミータイプ)」があります(名称は保険会社により異なります)。

「一般車両保険」に比べて「車対車+限定A」では補償が限定されるためその分保険料も安くなります。

また、事故の際、一定の損害なら費用を負担できるということであれば、免責金額を高く設定することで保険料の節約になります。

人身傷害と搭乗者傷害の両方に加入している場合も、見直しにより保険料を節約できるケースがあります。

ただし、保険料の節約のために補償を削りすぎてしまい、必要な補償が得られない可能性もあります。

保険料をできるだけ抑えつつ、必要な補償が確保されているかを定期的にチェックし、事故等の時に安心して相談できる専門家と繋がっておくと良いでしょう。

10826000287.jpg

この記事についてのご質問やご意見等、お気軽にお問い合わせください。無料相談のご予約も随時受付中です。

知っていて損はない実例集が毎週届きます!