ご相談メニュー

火災保険・地震保険

日本では、これまでに例のない規模の自然災害が続いています。

火災だけではなく、台風、豪雨、地震、竜巻などの備えとしても火災保険・地震保険は頼りになる存在です。

火災保険・地震保険の動向

大規模災害が続き、損害保険会社は多額の保険金を支払っています。

そのため、火災保険料、地震保険料の値上げが続いています。

一方、地震が続いていることから、地震保険の加入率も上がっているようです。

想定外の災害が続いていることもあり、火災保険の保険期間は、これまでの最長35年が廃止され、10年が最長になっています。

居住地のハザードマップをチェックするなどして防災意識を高めて、火災保険・地震保険の定期的な見直しをするようにしましょう。

10473000014.jpg

火災保険・地震保険の見直し

火災保険・地震保険の契約手続きは、住まいの賃貸契約時や購入時に勧められるがまま、という方がほとんどでしょう。

前契約と同条件で契約を継続し、ご自分の補償を正確に把握している方は残念ながら多くありません。

火災保険は、建物、家財、建物と家財の両方、と補償を選択できます。

契約時から年数が経つと保有する家財の金額、量が変わります。

また増改築することもあるでしょう。

保険期間の中途で見直しができますので、加入している保険会社や代理店に問い合わせてみましょう。

また近年、水害も増えています。

特に、10年以上前に契約してそのまま継続している場合、水災が補償されていないケースが多いようです。

地震保険は単独では加入できません。

地震保険は、被災後の生活再建が目的です。

保険会社独自の補償が多いのも火災保険の特徴です。

補償の過剰・不足がないか一度チェックしておくと、もしもの時に安心です。

11115036252.jpg

この記事についてのご質問やご意見等、お気軽にお問い合わせください。無料相談のご予約も随時受付中です。

知っていて損はない実例集が毎週届きます!