ご相談メニュー

自宅売却

数十年暮らしてきた自宅。

もしも今後住み続けることがない場合、売却を検討しても良いのではないでしょうか。

どのくらいで売れるのか、まずは見積もりを取ることで、目安がわかります。

数十年経過すると建物の価値は無くなると言われますが、敷地部分だけでも評価してもらえると安心できます。

老後の資産づくりとすることも出来ますし、施設の入居費用として活用することも出来ます。

11016021174.jpg

売却の前に

まずは、ご家族としっかり話し合いましょう。

その上で、今後住み続けることがない場合は売却を検討しましょう。

自宅の場合もそうですが、住まなくなった実家の場合も同じです。相続など権利がある方に確認しましょう。

住まない場合でもかかるもの

住まなくなっても、一般的に固定資産税などの税金はかかりますし、管理の手間暇もかかってきます。

売却することで、そういった出費も不要になりますし、売却による資金も入ってきます。

自宅売却の悩み

  1. 郊外なので売れるかどうか心配
  2. 住まないのに固定資産税などの出費を払いたくない
  3. 親名義になっているが、売却できるか
  4. 売却した場合にどのくらい税金がかかるか
  5. 税金の特例が利用できるのであれば、利用したい
  6. 敷地が広いが一部分だけでも売りたい
  7. 共有名義になっているが、売却できるか

など

この記事についてのご質問やご意見等、お気軽にお問い合わせください。無料相談のご予約も随時受付中です。

知っていて損はない実例集が毎週届きます!