ご相談メニュー

リフォーム

自宅を建てて数十年。

子どもたちも巣立ち、高齢の夫婦だけの世帯になり、今までの住まいは本当に暮らしやすい環境でしょうか。

部屋と部屋の間の段差、急な階段、玄関のアプローチなど、今まではほとんど気にもしなかった場所が、実は暮らしの上で危険な場所になることもあります。

廊下や浴槽、トイレの手すりなど、必要なものも出てきます。

自宅が老朽化している場合、壁や屋根の葺き替えの他に、水廻りなどもリフォームしておいたほうが良いでしょう。

特に一戸建ての場合は、積極的に修繕計画を立てることも少ないため、家の修繕が遅れがちになってしまいます。

10757000617.jpg

修繕の前に

まずは、必ずリフォームしなければならない場所の確認と、今後、改修しなければならない場所を確認しましょう。

ご自身の希望を確認した上で、専門家に相談しましょう。

リフォームは、思っている以上にお金がかかることもありますので、何が必要か、優先順位をつけましょう。

リフォームの悩み

  1. いくらかかるのかわからない
  2. どこをどうリフォームすれば良いかわからない
  3. そもそも相場がわからない
  4. 税制上のメリットがあれば使いたい
  5. 介護になったので、手すりなどをつけたい
  6. 部屋が多いので、減築したい
  7. リフォームローンを利用したい

など

この記事についてのご質問やご意見等、お気軽にお問い合わせください。無料相談のご予約も随時受付中です。

知っていて損はない実例集が毎週届きます!