ご相談メニュー

山林処分

親からの相続、将来の値上がり期待、原野商法などで山林をお持ちの方がいらっしゃいます。

もちろん、今後の値上がりの可能性もありますが、多くの方が山林の利用方法がわからずに困っています。

その中でも、持ち続けたくない、処分できないか、という相談も多くあります。

10341008976.jpg

管理できるか?

ご自身で管理できるのであれば、保有しておくことができますが、多くの場合、利用方法もわからず、固定資産税を払い続けているという方も多くいらっしゃいます。

2019年4月から森林経営管理法が始まり、ご自身で管理できない場合、市町村に管理をお願いすることになります。

管理できない場合

ご自身で管理できない場合、市町村にお願いすることもできますし、手放す選択肢もあります。

生活の窓口では、管理できる事業者への売却または引受けのお手伝いをしていますので、お困りの方は専門家に相談しましょう。

山林処分についての疑問・悩み

  1. 相続を受けたが、どうしたら良いのかわからない
  2. 山の管理なんてできない
  3. 子どもたちには、残したくない
  4. 親が持っているが、引き継ぎたくない
  5. 大事な資産だが、しっかりと管理してくれる方に引き継ぎたい
  6. 山林を持っているが、誰が買ってくれるかわからない
  7. 売るにあたって、どんな書類を準備すればよいか

など

この記事についてのご質問やご意見等、お気軽にお問い合わせください。無料相談のご予約も随時受付中です。

知っていて損はない実例集が毎週届きます!