ご相談メニュー

相続税申告

相続税の申告は、相続人が亡くなったことを知った日から10ヶ月となっています。

しかし、この10ヶ月は、あっという間におとずれます。

10179008800.jpg

相続税の申告の前に

申告をする前に最初に確認したいのが相続財産。

しっかりと遺言が残されてあったり、財産目録でもあったりすれば確認しやすいのですが、どんな財産を持っていたのか、生前に聴けないことのほうが多く、お困りの方が多いのも事実。

まずは、財産を確認しましょう。

後になって、知らない財産や負債が出てくることもあります。

相続人の確認も忘れずに

相続人を確認するためには、戸籍謄本を確認しましょう。

戸籍謄本があれば、相続人を確認することができます。

相続人が亡くなっている場合は、代襲相続として、そのお子さんが相続することもあります。

相続税の申告までの期間は、本当に短い期間ですので、相続人を確認し、しっかりと分割・合意した上で相続の申告が出来るように準備しましょう。

他にも、特例を利用することで節税をできる場合があるので、しっかりとした専門家に相談しましょう。

相続税申告の悩み

  1. 相続税がいくらかかるのか知りたい
  2. 自分には相続税がかかるのか
  3. 今から節税できるのか
  4. 特例が利用できるのであれば利用したい
  5. 申告するのが大変だが、相談できる人がいない
  6. 税務署から連絡がきたが、何をすれば良いか分からない
  7. 配偶者の相続税の申告の時に大変な思いをした

など

この記事についてのご質問やご意見等、お気軽にお問い合わせください。無料相談のご予約も随時受付中です。

知っていて損はない実例集が毎週届きます!