ご相談メニュー

遺言

遺言を書いている方は、それほど多くありません。

しかし、遺言を準備しておいた方がよい場合もあります。

相続人に思いを伝え特定の遺産を渡す場合、特定の相続人に多くの財産を渡したい時には役立ちそうです。

また、法定相続人がいない場合は、相続財産を誰も管理したり受けたりすることができず、国のものになってしまいます。

遺言を作成しておくことで、特定の人や宗教法人などに渡すことも可能です。

10886000042.jpg

遺言作成

自筆で遺言を作成する「自筆遺言証書」のほか、公証人役場で「公正証書遺言」を作成することもできます。自分で書くと費用はかからないのですが、意外とハードルが高いのが実情です。費用はかかりますが、確実にする場合は、「公正証書遺言」だと安心できますし、保管してもらえるメリットもあります。

遺言の悩み

  1. 遺言を作成するのが大変そう
  2. 相続財産が、どのくらいあるか不明
  3. 法定相続人がいないが、遺言を作成していた方が良いか
  4. 相続人にできるだけ、もめてほしくない

など

この記事についてのご質問やご意見等、お気軽にお問い合わせください。無料相談のご予約も随時受付中です。

知っていて損はない実例集が毎週届きます!