ご相談メニュー

遺言書

自分に何かあった時に財産をどのようにするか、考えたことがある方も多いと思います。たとえば、この財産は配偶者に、あの財産は子供に渡したいというような思いもあるでしょう。しかし、そのことについて考えることはあっても、記録に残したり書面にしたりすることは少ないと思います。自分に思いがあったとしても、万一の時に思い通りに行かないことも事実です。

少し面倒かもしれませんが、遺言書を作成することで財産をどのようにするか、自分の思いを伝えることもできます。もしも作成しなければ、後々に争いになるケースもあるからです。

また、相続人がいない場合、財産の処分ができなくなったり、処分までにかなりの時間がかかったりすることもあります。遺言書を作成することで、そのような不安を解消できる場合もあります。

11004108891.jpg

遺言作成

自筆で遺言作成することもできます。自分で書くことで費用を抑えることもできますが、書き方も重要です。また、費用はかかりますが、公正証書の作成は専門家に依頼することで、安心して遺言を残すこともできます。

遺言についての疑問・悩み

  1. 遺言の作成方法がわからない
  2. 自分では、不安なので専門家にお願いしたい
  3. 誰に、どう残すのかわからない
  4. 財産以外の思いも伝えたい
  5. 相続人がいないが、自分の万一のことを準備しなければならない
  6. 自分に遺言が必要なのかわからない
  7. 自分が亡くなった時に、人に迷惑をかけたくない

など

この記事についてのご質問やご意見等、お気軽にお問い合わせください。無料相談のご予約も随時受付中です。

知っていて損はない実例集が毎週届きます!